インフォメーション

2011-08-21 17:00:00

9月10日(土)より 「科学が観たい!サイエンスドキュメンタリー特集」 を開催します。
上映作品は、『水の惑星 WATER LIFE』、『HOME 空から見た地球』、『はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH』の3作品です。

9月10日(土)の『はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH』に、上坂浩光(こうさか ひろみつ)監督の講演会を行います。

「~宇宙に想いを馳せる~
 『はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH』上坂浩光監督 講演会」

【日時】
2011年9月10日(土)16:00~『はやぶさHAYABUSA BACK TO THE EARTH』上映終了後より

【料金】
一般1000円/会員800円(鑑賞料金を含む)

【ご入場方法】
下記日程で、事前予約を承ります。
会員先行 8月22日(月)より
一般予約 8月23日(火)より

劇場窓口または電話(027-325-1744)にて、ご予約を受け付けいたします。
定員(58名)に達し次第、受付終了となります。
皆様のご参加をお待ちしております!

☆======================================================
科学が観たい!サイエンスドキュメンタリー特集
2011年9月10日(土)~16日(金)

【上映作品】
水の惑星 WATER LIFE』 
第23回東京国際映画祭 TOYOTA Earth Grand Prix 受賞作品
カナダ/2009年/109分/素材提供:東京国際映画祭
監督:ケヴィン・マクマホン
解説:アメリカ合衆国とカナダの国境に位置し、世界の淡水の20%を供給する五大湖。その美しい水流を追いながら、工業化の進む周辺地域の汚染とそれによる生態系の破壊を見せる。地表の約7割が液体の水で覆われている「水の惑星」、地球。その大きな特徴である水の美しさと残酷さはこれからのわたしたちの意識を変えるでしょう。
カナダのジャーナリストであり、水問題に深い興味を持ち続けているマクマホン監督の鋭くも親愛に満ちた作品。

『HOME 空から見た地球』
フランス/2009年/90分
監督:ヤン・アルトゥス=ベルトラン
解説:わたしたちの住む地球を空からみるとどのように見えるのでしょうか。青く美しい海・白く流れる雲、そしてわたしたちが暮らす大地。自然の営みにあふれたありのままの美しさと、人々が生活し発展をつづける都市部の造られた美しさ、そして開発がもたらす破壊。55カ国を超える国を空から撮った独特の映像美は私たちを圧倒し、46億年の歴史を持つ地球とその環境について考えるきっかけとなる作品。


はやぶさ HAYABUSA  BACK TO THE EARTH
日本/2011年/46分
監督:上坂浩光
解説:2003年に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」。はやぶさの使命は、原始地球に近いとされる小惑星イトカワの地表の砂を持ちかえること。単なる一方通行ではなく、往復する無人探査機は世界初である。世界中がこの快挙に注目するなか、2010年6月とうとうはやぶさはわたしたちのいる地球へ還ってきた。プラネタリウム用のドーム映像を、映画用の平面版に作り直した作品。上坂監督のはやぶさへの愛情と宇宙へ馳せる想いが存分につまっている。

【料金】
一般1200円/会員・大学生・高校生・シニア1000円
※『はやぶさ HAYABUSA  BACK TO THE  EARTH』は一律500円

【上映スケジュール】
☆『水の惑星』
9月10日(土)19:00~/ 9月11日(日)16:00~/9月14日(水)19:00~/9月16日(金)16:00~

☆『HOME 空から見た地球』
9月11日(日)19:00~/9月12日(月)16:00~/9月13日(火)19:00~/9月15日(木)16:00~/9月16日(金)19:00~

☆『はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH』
9月10日(土)16:00~※/9月12日(月)19:00~/9月13日(火)16:00~/9月14日(水)16:00~/9月15日(木)19:00~

-----------------------------------------------------------------------
シネマテークたかさきは国際科学映像祭に参加しています。
ただいまスタンプラリー実施中!
群馬県内の参加施設(群馬県生涯学習センター少年科学館高崎市少年科学館)とシネマテークたかさきの3館のスタンプを集めて応募できます。
ぜひ、ご参加ください!