印刷用ページを開く

印刷用ページを開く

インフォメーション

2023年11月30日

12月1日(木)は映画の日 1,000円均一【再投稿】

12月1日(金) 映画の日
どなたさまも当日料金1,000円でご鑑賞いただけます。

 

「映画の日」とは……1896年(明治29年)11月25日~12月1日、エジソンが発明したキネトスコープが、初めて神戸で輸入上映され、この年から数えて60年目にあたる1956年(昭和31年)より、“12月1日は「映画の日」”と制定し、日本における映画産業発祥(日本で初めての有料公開)を記念する日としました。(一般社団法人 映画産業団体連合会HPより)

 

【対象作品】

BOMシリーズVol.16 アレクサンドル・ソクーロフ監督特集

独裁者たちのとき

アアルト

花腐し

人生は、美しい

ファンファーレ

リバイバル69 伝説のロックフェス

ロストサマー

 

みなさまのご来館をお待ちしております。

2023年11月30日

12/9(土)・12/17(日) ミニシアター地域交流上映会 vol.4 開催のお知らせ※11/30追記

ミニシアター地域交流上映会 vol.4開催のお知らせ

 

映画と街をめぐる旅がはじまる

高崎×横浜×前橋

あのミニシアターが1日限りのお引越し!

推し作品と豪華ゲスト、名物支配人がやって来る。

12/9(土) START 12:00  前橋シネマハウス

横浜シネマリン 八幡支配人推薦! 逃げきれた夢

 

 

 

2023年/日本/96分

監督・脚本:二ノ宮隆太郎

出演:光石研、吉本実憂、工藤遥、坂井真紀、松重豊

©2022『逃げきれた夢』フィルムパートナーズ

 

北九州で定時制高校の教頭を務める末永周平は、ある日、元教え子が働く定食屋でお会計を忘れてしまうという、記憶が薄れていく症状に見舞われる。そのことをきっかけに、家族や旧友との関係を見つめ直し、新たな一歩を踏み出そうとするが…。主演の光石研を深くリスペクトする監督が、脚本をアテ書きするだけでなく、光石本人の人生を取材し、そのエッセンスを物語に注入した。2019年フィルメックス新人監督賞でグランプリを受賞、映像化が実現した。

 

【八幡支配人  推薦COMMENT】

日本の映画界になくてはならない存在として活躍、12年ぶりの単独主演に挑んだ光石研と、近年監督、役者としても頭角を現し、光石研を敬愛するという二ノ宮隆太郎監督の初タッグは見逃せない。監督のこだわりで実現したという光石研と実父の共演も見どころの一つ。実直に生きてきた主人公を見つめる監督の眼差しが温かい。

 

 

 

 

映画監督、脚本家、俳優。1986年生、神奈川県出身。

『魅力の人間』『枝葉のこと』『お嬢ちゃん』に続く、   長編第4作『逃げきれた夢』で商業映画デビューを果たす。

 

 

 

 

 

 

映画評論家。1971年生、和歌山県出身。

著書に『シネマ・ガレージ』ほか。「週刊文春」「朝日新聞」などで執筆。 YouTube『活弁シネマ倶楽部』MC担当。

 

 

 

聞き手:八幡温子 (横浜シネマリン支配人)

 

〈前橋シネマハウス入場料〉

一般1,500円/大学専門学校生1,100円/シニア・高校生以下   (3歳以上)1,000円

※上映3日前から前橋シネマハウス劇場窓口にて販売

 

 

 

 

 

12/9(土) START 16:00  シネマテークたかさき

シネマ・ジャック&ベティ 梶原支配人推薦! 誰かの花

 

 

 

 

2021年/日本/115分

監督・脚本:奥田裕介

出演:カトウシンスケ、吉行和子、高橋長英、和田光沙、村上穂乃佳

©J&B30製作委員会

 

鉄工所で働く孝秋は、薄れゆく記憶の中で徘徊する父・忠義と、そんな父に振り回される母・マチのことが気がかりで、実家の団地を訪れる。ある日、強風の中で団地のベランダから落下した植木鉢が住民に直撃し、救急車やパトカーが出動する騒ぎが起こる。父の安否を心配する孝秋だったが、忠義は何事もなかったかのように自宅にいた。ベランダの窓が開いたままで、忠義の手袋に土が付着しているのを見つけた孝秋は、父への疑いを募らせていく。横浜シネマ・ジャック&ベティの30周年に向けて企画・製作された作品。

 

【梶原支配人  推薦COMMENT

30周年という浮かれ気分を吹き飛ばしてくれる、人に真摯に向き合った作品です。世の中がより、柔軟さや想像力、あいまいなことへの許容力が欠けてきていることに気づかせてくれる作品です。必ず誰しもに濃厚な余韻を与えるはずです。横浜シネマ・ジャック&ベティ30周年の節目に、我々は、今後もこういう作品を上映していくべきなんだと、気持ちを新たにしました。

 

 

 

 

映画監督。1986年生、神奈川県出身。日本映画学校(現・日本映画大学)で映画制作を学ぶ。前作「世界を変えなかった不確かな罪」に続く、劇場公開作品第二作目。

 

 

              

                

 

 

★カトウシンスケさん(主演)のご登壇が決定いたしました。※11/30追記

俳優。1981年東京都出身。『ケンとカズ』にて第31回高崎映画祭最優秀新進俳優賞受賞。劇団「オーストラ・マコンドー」メンバー。

 

 

 

聞き手:梶原俊幸 (シネマ・ジャック&ベティ支配人)

 

 

 

 

〈シネマテークたかさき入場料〉

一般1,500円/大専1,200円/シニア1,100円/高校生以下800円

※上映3日前からシネマテークたかさき窓口、シアターパスにて販売

 

 

 

 

 

12/17(日) START 12:30  横浜シネマリン

前橋シネマハウス 日沼支配人推薦! 青の帰り道

 

 

 

 

2018年/日本/120分

監督:藤井道人 

出演:真野恵里菜、清水くるみ、 横浜流星、森永悠希、戸塚純貴

©映画「青の帰り道」製作委員会

 

群馬県前橋市で高校に通う7人の若者たち。

高校卒業を間近に控えた彼らは多くの若者たちと同じ悩みを抱えていた。

華やかな芸能の世界を夢みる者、家族と上手く折り合いがつかない者、受験に失敗し浪人生活に不安を持つ者、こどもができ卒業後に結婚を控える者。それぞれが様々な思いを胸に新しい未来へと進んでいった。

そして3年の時が過ぎ7人が再び出会うことになる。3年という時間は、7人の人生を大きく変えていたのだった。

 

【日沼支配人  推薦COMMENT】

映画監督藤井道人、女優真野恵里菜、俳優横浜流星、今や大人気の彼らが大ブレイク前に撮られた本作はファン必見!

原案は元タレントのおかもとまり。彼女のタレント時代の体験をもとに、人が人であるがための感情、夢、後悔そして生と死を誰もが経験したことのある感情と共に描き出す傑作です。

 

 

クリエイター、ぐんま観光特使。1989年生、群馬県出身。2006年芸能界デビューし広末涼子さんのものまねで話題に。現在はクリエイターとして”生きる”をテーマにした作品や絵本創り、講演会を行う。

 

聞き手:日沼大樹 (前橋シネマハウス支配人)

 

〈横浜シネマリン入場料〉

一般1,500円/大専・シニア1,200円/高校生以下800円

※上映3日前から横浜シネマリン窓口、公式サイトにて販売

 

 

 

 

 

12/17(日) START 16:00 シネマ・ジャック&ベティ

シネマテークたかさき 小林支配人推薦!少女邂逅

 

 

 

2017年/日本/101分

監督:枝優花

出演:保紫萌香、モトーラ世理奈、松浦祐也、松澤匠

(C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ

 

いじめがきっかけで声が出なくなってしまったミユリ。そんな彼女の心のよりどころは、蚕の幼虫”紬”だった。だが、いじめっ子の清水により紬が捨てられてしまう。

「窮屈な現実から誰かが私を救い出してくれる。」と願っていたミユリの前に転校生の富田紬が現れ……。

高崎市出身の枝優花監督が自らの経験を軸に少女の繊細な心を時に大胆な語り口でみずみずしく描き出す。

 

【小林支配人  推薦COMMENT】

かつて養蚕業が盛んだった群馬県。今では世界遺産となった富岡製糸場で作られた生糸は高崎市を経由して横浜港まで運ばれたそうです。本作は、蚕のように外見も内面も変化していく少女たちの美しくもあり残酷な青春の刹那が描かれていきます。今回の交流上映会はこの作品のためにあるんじゃないか?いや、この作品を上映するために上映会があるんじゃないか?というくらいご縁を感じてしまっています。

 

 

 

 

映画監督、写真家。1994年生、高崎市出身。初長編映画『少女邂逅』でバルセロナアジア映画祭にて最優秀監督賞を受賞。

MVやドラマも多数監督している。

 

 

 

 

 

1994年生まれ。主な出演作に『根矢涼香、映画監督になる。』  『凪の憂鬱』『ウルフなシッシー』BSドラマ『カメラ、はじめてもいいですか?』がある。

 

 

聞き手:小林栄子 (シネマテークたかさき支配人)

 

〈シネマ・ジャック&ベティ入場料〉

一般1,500円/大専・シニア1,200円/高校生以下800円

※上映3日前からシネマ・ジャック&ベティ窓口、公式サイトにて販売

 

会員割引は、シネマテークたかさき、前橋シネマハウス、横浜シネマ・ジャック&ベティ、横浜シネマリンの会員証、および全国ミニシアター相互割引が対象です!

 

 

 

 

\地域の魅力を発信するミニシアターを紹介!/

 

 

 

 

 

 

 

2004年12月4日に市民のみなさまからカンパをいただき、群馬県初のミニシアターとしてオープンいたしました。

運営母体のNPO法人たかさきコミュニティシネマは、高崎最古の映画館「高崎電気館」運営、高崎で映画やドラマ等の撮影を誘致する「高崎フィルム・コミッション」の窓口を行っています。映画の入口から出口までをモットーに映画を通して町を、日常を、豊かにできるよう活動しています。

 

公式サイト https://takasaki-cc.jp/

ツイッター @ctq_takasaki

 

 

 

 

 

 

 

 

前橋シネマハウスは市営ビルの映画館跡地に2018年3月開館しました。「映画はもう一つの家族」をコンセプトに映画の伝える力を信じて、誰でも気軽に映画を楽しめる場所にしたいという想いから始まりました。

2023年からは「こどもシネマハウス」を開始しこどものための上映も行っています。窓口を広めるためアート系に限らず話題のヒット作から社会作品まで幅広く上映しています。

 

公式サイト https://maecine.com  

ツイッター @maebashicinemah

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜シネマ・ジャック&ベティのルーツは1952年に横浜名画座に始まります。

ビル老朽化とともに建て替えられ1991年に横浜名画座の営業を引き継ぐ形で横浜シネマ・ジャック&ベティとなりました。

現在は2スクリーンにて新作・旧作、話題作からアート系作品まで幅広く上映し、横浜の映画ファンに愛される映画館です。2021年12月に30周年を記念して『誰かの花』(奥田裕介監督)を製作公開しました。

 

公式サイト https://www.jackandbetty.net

ツイッター @cinemaJandB

インスタグラム cinemajackandbetty

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1954年から続く映画館です。2014年にリノベーションし、フィルムもデジタルも上映できる映画館に蘇りました。東京まで行かなくても「横浜で何でも観ることが出来る」をモットーに、国内外の様々なジャンルの映画を1スクリーンで上映する、人呼んで「幕の内弁当プログラム」。ドキュメンタリー少し多め、旧作の特集上映、特に35ミリフィルムを生かした上映を心掛けています。地域に根ざした唯一無二の映画館を目指します。

 

公式サイト https://cinemarine.co.jp

ツイッター @ycinemarine

インスタグラム yokohama_cinemarine

 

 

こんな映画旅のプランはいかが?

※正確な電車のお時間は、各自再度ご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主催:横浜シネマネットワーク実行委員会

協力:シネマテークたかさき、前橋シネマハウス、横浜シネマ・ジャック&ベティ、横浜シネマリン、ヨコハマ・フットボール映画祭、横浜キネマ倶楽部、一般財団法人コミュニティシネマセンター

 

横浜シネマネットワーク

多様な映画が楽しめる街ヨコハマにようこそ!

明治・大正期、横浜では外国の映画が「封切」公開され注目を集めました。

現在も4つのミニシアターに加えて、ヨコハマ映画祭、フランス映画祭横浜、ヨコハマ・フットボール映画祭、横浜キネマ倶楽部などさまざまな映画祭、上映会が開催されています。

横浜シネマネットワークはそんな映画を愛する人々が集まり、独自の上映企画で映画の街ヨコハマの魅力を発信しています。

 

 

 

 

 

2023年11月30日

12/16(土)・17(日) 高崎電気館祭〜クリスマス無料上映会〜

高崎電気館祭〜クリスマス無料上映会〜

 

★舞台挨拶決定★

12月16日(土) 『こむぎの満腹記』16:30の回・上映後

ご登壇者:枝優花監督(高崎市出身) 

【要事前ご予約】
12月/2日(土)10時より高崎電気館(TEL 027-395-0483)にて電話予約受け付けを開始いたします。

 

【枝優花監督プロフィール】

1994年生まれ。群馬県出身。

2017年初長編作品『少女邂逅』がロングランヒットを記録。

MOOSIC LAB 2017では観客賞を受賞、海外映画祭でも評価される。

短編映画「豚知気人生」や、TV「クールドジ男子」「こむぎの満腹記」、

MV「久遠」(Sano Ibuki ドラマ「ワンルームエンジェル」EDテーマ)などの演出のほか、写真家としても活動している。

最新監督作は、ドラマ「ワンルームエンジェル」(全話演出担当)。

2023年11月24日

11/25(土)『PLASTIC』舞台挨拶のお知らせ※11/24追記【中止となりました】

11月25日(土)予定しておりました『PLASTIC』舞台挨拶は、ご登壇者のコロナウイルス感染により
やむなく中止となりました。
楽しみにされていたみなさまにはご迷惑おかけいたしますが、
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。11月24日(金)シネマテークたかさき

 

『PLASTIC』舞台挨拶のお知らせ

 

上映に併せ、舞台挨拶の開催が決定いたしました。

 

日時:11月25日(土) 19:00の回・上映後 スクリーン2(64席)

ご登壇者:宮崎大祐監督

 

【料金】通常料金

 

【チケット発売】

◆シネマテークたかさき会員様先行

 ・シアターパス(オンライン)販売:11月20日(月)AM0時00分より

 ・劇場窓口販売:11月20日(月)AM9時30分より

 

◆一般発売

 ・シアターパス(オンライン)販売:11月22日(水)AM0時00分より

 ・劇場窓口販売:11月22日(水)AM9時30分より

 

オンラインチケット予約はコチラからお進みください。

 

 

※オンライン予約販売で完売になった場合は、当日券の販売はございませんのであらかじめご了承ください。

※オンラインでのチケットご購入にはシアターパスへの会員登録(無料)が必要です。

 

ご利用について詳しくはこちらをご覧ください。

 

《ご案内》
※当日『PLASTIC』をご鑑賞いただいた方がご参加いただけます。
※この回に限り予告篇の上映はございません。
※舞台挨拶は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

 

みなさまのご来場をお待ちしております。

Ad information