印刷用ページを開く

印刷用ページを開く

インフォメーション

2022年8月14日

8/17(水)『イントロダクション』トークイベント開催のお知らせ【再投稿】

ホン・サンス監督日本公開最新作
『イントロダクション』トークイベント開催のお知らせ

 

シネマテークたかさきにて8月5日(金)より上映いたします、ホン・サンス監督日本公開最新作『イントロダクション』上映に併せまして
8月17日(水)に、中島歩さん(俳優)によるトークイベントを開催いたします。
中島歩さんは、『偶然と想像』、『いとみち』にて第35回高崎映画祭にて最優秀助演俳優賞を受賞されました。また、本作へコメントも寄せていらっしゃり、俳優の視点から、ホン・サンス作品はどう映るのか等々、お話を伺います!

 

開催日時:8月17日(水) 19時の回・上映後
トークゲスト:中島歩さん(俳優)

会場:シネマテークたかさき

料金:当日一般1800円、学生1400円、シニア(60歳以上)1,100円、会員1200円
※レイト割引対象外となります。
※各種ご招待券ご利用いただけます。

 

※当日『イントロダクション』をご鑑賞いただいた方がそのままのお席でご参加いただけます。
※当日午前9時30分より劇場窓口にて当日券を販売いたします。(定員58席)
※本イベントは予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

 

みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております!

2022年8月13日

8/21(日) 『こちらあみ子』舞台挨拶のお知らせ

『こちらあみ子』舞台挨拶のお知らせ

 

上映に併せて、舞台挨拶が決定いたしました!

 

開催日時:8月21日(日) 13:00の回・上映後
           
ご登壇:森井勇佑監督

通常料金

 

※当日『こちらあみ子』をご鑑賞いただいた方がそのままのお席でご参加いただけます。

※この回に限り予告編の上映はございません。

※当日午前9時30分より劇場窓口にて当日券を販売いたします。(定員58席)

※舞台挨拶は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

みなさまのご参加をお待ちしております。

2022年8月11日

8/20(土) 「生誕90周年上映 フランソワ・トリュフォーの冒険」ミニトーク開催のお知らせ

「生誕90周年上映 フランソワ・トリュフォーの冒険」上映を記念して、ミニトークを開催いたします。

 

ミニトーク ”(初心者のための)フランソワ・トリュフォー入門”

高崎映画祭ボランティアスタッフの角掛修が、フランソワ・トリュフォー監督の世界をお話いたします。

 

日時:8月20日(土) 12:30より (約30分)

場所:シネマテークたかさき・応接室

参加費無料

定員7名

 

【ご参加方法】当日午前9時30分より、劇場窓口にて受け付けいたします。
       ※定員に達し次第受付終了。

 

トリュフォーが亡くなって38年の月日が流れました。生前から彼の作品を敬愛している私にとって今回の特集上映はとても嬉しい事です。トリュフォーは“くり返し見られるべき”作家です。なぜトリュフォーは映画ファンに愛され、新たなファンを獲得し続けているのか、その“鍵”となるものを判りやすくご案内したいと思います。皆さまの参加をお待ちしています。

(高崎映画祭ボランティアスタッフ 角掛 修)

2022年8月4日

8/11(木・祝)短編作品上映のお知らせ

8/11(木・祝)『逆光』13:00の回・上映後、短編作品の上映をいたします。

 

映画『逆光』は、自主制作映画であり、作り手自らの手で宣伝するため、
須藤蓮監督がリーダーを務め宣伝チームが結成されました。

興行収入や動員数に集約されがちな宣伝活動の意味を再解釈し、
上映される土地や人と関わることで宣伝のかたちを変えながら、さまざまな企画を実験的に行なっています。

全国各地で『逆光』上映されるにつれ、志ある学生やクリエイター、映画関係者が集まり、その輪が広がっています。

高崎では、『逆光』宣伝チームに係る、大学生の短編作品を上映いたします。

 

【短編上映のお知らせ】

上映作品:「ただのあいつのはなし」(2022年 日本 12分)
      監督・脚本:高橋快地(日本大学 芸術学部 映画学科監督コース)
      出演:ひらぐりしま(日本大学 芸術学部 演劇学科演劇コース)/るきや

 

上映日時:8月11日(木・祝) 『逆光』13時の回・上映後
※この回に限り予告編の上映はございません。
※当日『逆光』をご覧いただいた方がそのままのお席でご鑑賞いただけます。

 

《高橋快地監督より作品のご紹介》
彼女は嘘つきなんかじゃなく、これは回顧録なんかじゃない。
きっとこれは、ただのあいつのはなし。
ただのあいつに振り回された夜の、ただの愚痴。
しかし、彼女の話と彼女が思い返す記憶は、乖離する。
虚栄を話す情けなさの意外な美しさ、
その先にある大きな感情を表しきれていない短く、
密度の高い言葉を作品化しようと、制作いたしました。

Ad information