印刷用ページを開く

印刷用ページを開く

インフォメーション

2023年4月20日

4/29(土)『銀平町シネマブルース』トークイベント開催のお知らせ

『銀平町シネマブルース』公開記念トーク
~ミニシアターはつらいよ?(仮)~

 

『銀平町シネマブルース』公開を記念して、映画のロケ地となった「川越スカラ座」の舟橋一浩支配人と番組編成担当の飯島千鶴さんをお迎えし、撮影時のエピソード、映画に登場するミニシアターあるあるなどを題材に映画館を運営する立場から日々の苦労話など楽屋トークのような気軽さで話して参ります!お気軽にご参加いただけたら幸いです。

 

日時:4月29日(土・祝) 19:05の回・上映後
お話:舟橋一浩さん(川越スカラ座支配人)、飯島千鶴さん(川越スカラ座番組編成)
聞き手:小林栄子(シネマテークたかさき支配人)

 

※当日『銀平町シネマブルース』をご鑑賞いただいた方がご参加いただけます。
※通常料金 
※当日午前9:30より当日券販売開始いたします。(定員58席)
※この回に限り予告篇の上映はございません。
※記念トークは予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

2023年4月20日

4/28(金)より開催 ピエール・エテックス レトロスペクティブ※4/8追記※4/20追記

ピエール・エテックス レトロスペクティブ

開催期間:4月28日(金)~5月4日(木) 1週間上映
鑑賞料金:通常料金
★お得な前売特別鑑賞券(4回券)¥4,800 劇場窓口にて販売中(~4/27(木)まで)
※前売特典:オリジナルB3ポスター付き

 

映画監督、俳優、イラストレーター、道化師…
数え尽くせぬ顔をもつフランスのマルチアーティスト ピエール・エテックスの長編4作品と短編3作品を一挙公開。20代半ばにジャック・タチと運命的な出会いを果たし、『ぼくの伯父さん』(58)の助監督を務め、映画界に参入。緻密な構想と見事な演出、そして無声喜劇へのオマージュに溢れたピエール・エテックスの世界を心ゆくまでご堪能ください。

 

◎初日入場者プレゼント◎※4/20追記
4/28(金)ご鑑賞の方へ先着でオリジナルポストカードをプレゼント🎁
※数量限定 ※先着順
絵柄は2種類※ランダム配布(絵柄は選べません)

・網中いづるさんによる『ヨーヨー』(白色ver.)
・一乗ひかるさんによ『大恋愛』(緑色ver.)

 

 

◆関連イベント◆

4/29(土)『ヨーヨー』12:10の回上映後、
小柳帝さん(ライター・編集者)による
「ピエール・エテックス入門編」スクリーントークがございます。

 

ピエール・エテックス レトロスペクティブの企画にも協力されていて、エテックス本人に会われたこともある小柳帝さんをお迎えし、ピエール・エテックスの魅力、みどころについてお話いただきます。

 

★スクリーントーク後、小柳帝さんの翻訳書『ぼくの伯父さん』ご購入の方を対象にサイン会を開催いたします。

 

■■4/29(土)スクリーントークご参加方法■■
4月29日(土)『ヨーヨー』12:10の回をご鑑賞いただいた方がそのままのお席でご参加いただけます。
※通常料金 
※当日午前9:30より当日券販売開始いたします。(定員58席)
※この回に限り予告篇の上映はございません。
※トークイベントは予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

 

【小柳帝さんプロフィール】
映画・音楽・デザインなどの分野を中心に、さまざまな媒体で執筆活動を行なっている。主な編・著書に、『モンド・ミュージック』、『ROVAのフレンチカルチャー A to Z』、『小柳帝のバビロンノート 映画についての覚書1〜3』、また、翻訳書に『ぼくの伯父さんの休暇』、『ぼくの伯父さん』などがある。その他、CDやDVDの解説、映画パンフレット等の執筆多数。自身が主宰するフランス語教室ROVAはこの春で24周年を迎えた。

 

小柳帝さん翻訳書『ぼくの伯父さん』 作:ジャン=クロード・カリエール 絵:ピエール・エテックス
定価:1870円(税込) アノニマ・スタジオ刊

 

さらに、4/29(土)17時より、REBEL BOOKSさんにて
書籍『ぼくの伯父さん』刊行記念 翻訳者:小柳帝さんトーク開催決定!※4/8追記
詳しくはコチラをご覧ください。

 

 

◆◆上映作品◆◆

『恋する男』(長編) 

Le Soupirant
Language:French
1962年 フランス 1時間24分
監督・脚本・主演:ピエール・エテックス脚本:ジャン=クロード・カリエール

 

天文学の研究に没頭してばかりの引きこもりの三十男。ある日両親に結婚を命じられ、伴侶となる女性を探しに街に繰り出すが、トホホな出来事の連続。しまいには、テレビに映るスーパースターの歌手・ステラに心を奪われてしまい、なんとかして彼女と結婚するために奔走する…。

 

『破局』(短編)

Rupture
Language:Silent
1961年 フランス 12分
監督・脚本:ピエール・エテックス/ジャン=クロード・カリエール

 

恋人から手紙を受け取った男。中には破かれた自分の写真が同封されていた!こちらも負けじと別れの手紙を書こうと奮闘するが、万年筆、インク、便箋、切手、デスク…なぜか翻弄されてどうしても返事を書くことができない。

 

『ヨーヨー』(長編)

YoYo
Language:French
1964年 フランス 1時間38分
監督・脚本・主演:ピエール・エテックス
脚本:ジャン=クロード・カリエール

 

世界恐慌で破産した大富豪は、サーカスで曲馬師をする女性と、彼女との間にかつてもうけた幼い息子とともに、地方巡業で暮らしを立てることに。サーカス界で成功をおさめた息子はヨーヨーという人気クラウンになる。時代が大きく変わる中、ヨーヨーはかつて父が所有していた城を取り戻そうと躍起になるが…。

 

 

『健康でさえあれば』(長編)

Tant qu’on a la santé
Language:French
1965年 フランス 1時間7分
監督・脚本・主演:ピエール・エテックス
脚本:ジャン=クロード・カリエール

 

なかなか寝付けない男の一夜を描いた<不眠症>、映画館にいたはずが、幕間に流れるCMのおかしな世界へ入り込んでしまう<シネマトグラフ>、近代化が進む都市で人々が受ける弊害をシュールに描いた<健康でさえあれば>、都会の夫婦・下手くそハンター・偏屈な農夫が織りなす田園バーレスク<もう森へなんか行かない>の4編からなるオムニバス・コメディ。

 

 

『絶好調』(短編)

En Pleine Form
Language:French
1965年 フランス 14分
監督・脚本・主演:ピエール・エテックス
脚本:ジャン=クロード・カリエール

 

田舎でソロキャンプをする青年。しかし、警官に管理の行き届いたキャンプ場に行くように言われてしまう。
そこは有刺鉄線で囲われた、まるで強制収容所(キャンプ)で…。

 

 

『大恋愛』(長編)

Le Grand Amour
Language:French
1968年 フランス 1時間27分
監督・脚本・主演:ピエール・エテックス
脚本:ジャン=クロード・カリエール

 

工場を営む実業家の一人娘と結婚した男。義父から仕事を任され、夫婦仲も良好ながら、どこか満たされない退屈な日々を送っていた。そんなある日、若く美しい秘書が現れ、どうしようもなく惹かれてしまい…。愉快な遊び心と想像力に溢れた初のカラー長編。

 

 

『幸福な結婚記念日』(短編)

Heureux Anniversaire
Language:French
1961年 フランス 13分
監督・脚本:ピエール・エテックス/ジャン=クロード・カリエール

 

ある夫婦の結婚記念日。妻の用意するディナーに間に合うよう、プレゼントやワインを買い込み家路を急ぐ夫。しかし、パリの交通渋滞やその他の問題に巻き込まれ一向に辿り着けない。果たして、幸せな記念日にすることができるのか?

 

 

 

◆◆上映スケジュール◆◆ 予告篇約6分 ※29(土)のみ予告篇の上映はございません。

 

2023年4月12日

4/15(土)『茶飲友達』舞台挨拶のお知らせ

『茶飲友達』舞台挨拶のお知らせ

 

上映に併せ、舞台挨拶が決定いたしました!

 

日時:4月15日(土) 10:20回・上映後

ご登壇者:外山文治監督、他キャスト予定

 

※当日『茶飲友達』をご鑑賞いただいた方がご参加いただけます。

※通常料金 

※当日午前9:30より当日券販売開始いたします。(定員64席)

※この回に限り予告篇の上映はございません。

※舞台挨拶は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

2023年4月10日

4/22(土)『チョコレートな人々』公開記念トーク開催のお知らせ

『チョコレートな人々』公開記念トーク
~障害のある人にとって働くってなに?しごとってどんなこと?~

 

『チョコレートな人々』公開を記念して、高崎でしょうがいのある人たちの芸術活動を支援されている
NPO法人工房あかね アトリエART-ON代表の小柏桂子さんをお招きして、活動のご紹介などをお話いただきます。

 

日時:4月22日(土) 10:40の回・上映後
お話:小柏桂子さん(NPO法人 工房あかね アトリエART·ON 代表) 

 

■NPO法人工房あかね アトリエART-ONのご紹介■
工房あかねは、障害のある人の芸術活動を支援しています。
芸術=アートとは表現にとどまらない「生きる」こと。
アトリエART·ONは、表現活動支援を得意とする通所事業所です。
けれど、作品作りが主目的ではありません。制作したい人はどんどんやってもらう一方で、
一日中じっと椅子に座っていたり、窓に広がる青空を見たり、他のメンバーの様子を笑顔で見ていたり、
気ままに時間を過ごしてもらえるようにも努めています。

 

※当日『チョコレートな人々』をご鑑賞いただいた方がご参加いただけます。
※通常料金 
※当日午前9:30より当日券販売開始いたします。(定員58席)
※この回に限り予告篇の上映はございません。
※記念トークは予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

みなさまのご来場をお待ちしております。

Ad information