印刷用ページを開く

印刷用ページを開く

『女は女である』BOMシリーズVol.15 ジャン=リュック・ゴダール監督選

12/2(金)スタート12/8(木)まで

Une Femme est une Femme

■1961年 フランス他 1時間24分 

Main Language:French

■監督:ジャン=リュック・ゴダール

■出演:アンナ・カリーナ/ジャン=ポール・ベルモンド/ジャン=クロード・ブリアリ

キャバレーの踊り子アンジェラは、今すぐにでも子どもが欲しいと思っている。しかし恋人のエミールはそんな彼女に戸惑いを隠せない。そんな最中、アンジェラに想いを寄せていた青年アルフレッドが現れる―。

 

ジャン=リュック・ゴダール監督選

ヌーヴェル・ヴァーグの旗手ジャン=リュック・ゴダール監督。シーンの連続を無視した「ジャンプカット」や、観客に直接語りかけるといった常識にとらわれない自由奔放な演出を施し、世界の観客に驚きを与え続けてきた。初の長編作品『勝手にしやがれ』、ゴダールのミューズ、アンナ・カリーナの魅力が爆発する3作品、そして、ヌーヴェル・ヴァーグの精神とも呼ぶべきゴダールが参加したオムニバス作品「パリところどころ」。60年代のゴダールの魅力が詰まった5作品を上映。

『勝手にしやがれ 60周年4Kレストア決定版』

『女は女である』

『女と男のいる舗道 4Kデジタル・リマスター版』

『気狂いピエロ 50周年2Kレストア版』

『パリところどころ』

 

BOMシリーズ特設ページはこちら

 

12/2(金)
  • 16:05 〜 17:35 終了

12/4(日)
  • 19:30 〜 21:00 終了

※19:30の回レイト割引(1,400円)対象

12/5(月)
  • 14:10 〜 15:40 終了

12/6(火)
  • 12:00 〜 13:30 終了

12/7(水)
  • 18:20 〜 19:50 終了

12/8(木)
  • 10:00 〜 11:30 終了

※特別料金:当日一般1,500円、学生1,300円、シニア1,100円、しょうがい者割引1,000円、高校生以下1,000円、会員1,200円

上映決定作品