印刷用ページを開く

印刷用ページを開く

インフォメーション

2024年7月24日

7/27(土)『東京カウボーイ』舞台挨拶のお知らせ※再投稿7/24(水)13時13分

『東京カウボーイ』舞台挨拶のお知らせ

上映に併せて、舞台挨拶が決定いたしました。

 

日程
7月27日(土)10:30の回・上映後 スクリーン2(64席)

ご登壇者:井浦新さん(主演)

 

【料金】2,000円均一
※各種割引・ご招待券ご利用いただけません。

 

【チケット発売】

◆シネマテークたかさき会員様【有料会員】先行ご予約受付中
※シネマテークたかさきシネマ手帳会員/シネマ会員様【有料会員】が対象です。

 

◆一般発売 ※7/24(水)正午にご案内いたしました販売開始時間に誤記がございました。
お詫びして訂正申し上げます。

 ・シアターパス(オンライン)販売【シアターパス無料会員】:7月25日(木)AM0時00分より
 ・劇場窓口販売:7月25日(木)AM9時30分より

 

オンラインチケット予約はコチラからお進みください。

 

※オンライン予約販売で完売になった場合は、当日券の販売はございませんのであらかじめご了承ください。

 

 

※オンラインでのチケットご購入にはシアターパスへの会員登録(無料)が必要です。

ご利用について詳しくはこちらをご覧ください。

 

《ご案内》
※当日『東京カウボーイ』ご鑑賞いただいた方がご参加いただけます。
※この回に限り予告篇の上映はございません。
※舞台挨拶は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

 

みなさまのご来場をお待ちしております。

2024年7月22日

7月開催 夏休みの映画館2024 関連イベント

《1回目》7月26日(金) 13:30

【特別上映】こども映画館 スクリーンで見る日本アニメーション!

国立フィルムアーカイブ NFAJ短編集「歌とリズム」(短編5作品)

 

《2回目》7月28日(日) 13:30

【特別上映】こども映画館 スクリーンで見る日本アニメーション!

『パンダコパンダ』

各回上映後、映写室見学がございます。※高校生以下優先

 

7月27日(土)13:30

「山村浩二作品集」(短篇5作品) 上映後
子どもアート講師Sachi先生のパラパラまんがワークショップがございます。
ご参加方法など詳しくはコチラをご覧ください。

子どもアート講師Sachi先生からのメッセージ

 

7/29(月)13:30

「山村浩二作品集」(短篇5作品)上映後

当館スタッフによる「ソーマトロープを作ろう!」ワークショップがございます。

 

 

2024年7月22日

8/9(金)より「カール・テオドア・ドライヤー セレクション Vol.2」開催のお知らせ

カール・テオドア・ドライヤー セレクション vol.2

世代を超え敬愛される、世界映画史が誇る孤高の映画作家の劇場正式初公開作を含む全7作品を一挙上映。

 

上映期間:8月9日(金)~8月29日(木) 3週間上映 ※8/24(土)・25(日)休館

 

【料金】一般1,800円、シニア1,100円、しょうがい者割引1,000円、会員1,200円

※各種ご招待券ご利用いただけます。

 

~夏休みは映画館で100年前の映画を体験しよう~

大学生以下の方は特別料金 大学生1,000円、高校生500円

 

常に独創的で革新的な作品を生み出し、ジャン=リュック・ゴダールやフランソワ・トリュフォーなど世界の巨匠たちから、ギレルモ・デル・トロ、ロバート・エガース(『ライトハウス』)ら現代の先鋭たちまで多大なる影響を与え、国や世代を超えて今なお敬愛されているデンマーク生まれの映画作家カール・テオドア・ドライヤー。79年の生涯で長編14作品を発表したドライヤーは、人間、とくに女性の心の本質をフィルムで見つめ続け、モノクロームの世界を巧みに操り、新たな映画芸術の可能性を示し続けた。

 

今回の特集上映は、2021年に開催された「奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション」の第二弾。芸術家の愛と孤独、そして死を耽美的に描いたサイレント時代の名作『ミカエル』、ユーモアとリアリズムが融合したホームドラマで、フランスをはじめ世界で大ヒットした『あるじ』、そしてドライヤー初のサウンド映画であり、美しき幻惑の傑作ホラー『吸血鬼』の3作が新たに加わり、前回上映された『裁かるゝジャンヌ』、『怒りの日』、『奇跡』、『ゲアトルーズ』の4作とあわせて全7作品のラインナップとなった。新たに加わる3作は、デジタルレストア素材からDCPを制作しており、一般劇場での公開は初めてとなる。

 

カール・テオドア・ドライヤー Carl Theodor Dreyer

1889年2月3日、コペンハーゲンでスウェーデン人の母のもとに私生児として生まれる。経済的理由から養子に出され学校卒業後は通信電話会社勤務を経てジャーナリストとして活動、手掛けた映画評が大手映画会社の目に留まったことから脚本執筆を開始。1919年に『裁判長』で監督デビュー、デンマーク・スウェーデン・ドイツ・ノルウェーと様々な国で制作を続け『あるじ』(25)のフランスでの大ヒットが『裁かるゝジャンヌ』制作へと繋がる。しばしば困難に見舞われながらも、『奇跡』がヴェネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞。切望していた「ナザレのキリスト」映画化実現を目前に控えた1968年3月20日に息を引き取る。享年79。

 

上映作品

『ミカエル』 Mikaël ※劇場正式初公開

1924年/ドイツ/95分
監督・脚本:カール・テオドア・ドライヤー 原作:ヘアマン・バング
撮影:カール・フロイント、ルドルフ・マテ/舞台美術:フーゴー・ヘーリング

出演:ベンヤミン・クリステンセン、ヴァルター・シュレザーク

 

著名な画家のクロード・ゾレは、画家志望の青年ミカエルを養子に迎え、二人で豪邸に住んでいた。パーティーで出会ったザミコフ侯爵夫人の肖像画を引き受けるゾレだったが、彼女はミカエルを誘惑し、ミカエルもその美貌に魅せられてしまい…。芸術家の孤独とミカエルへの愛、そして死を、耽美的に描いたサイレント時代の傑作。劇場での正式公開は今回が初となる。

 

 

『あるじ』 Du skal ære din hustru 

1925年/デンマーク/112分
監督・美術:カール・テオドア・ドライヤー/脚本:カール・テオドア・ドライヤー、スヴェン・リンドム
原作:スヴェン・リンドム「暴君の失墜」/撮影:ゲオー・スネーフォート

出演:ヨハンネス・マイヤー、アストリズ・ホルム

 

フランセン家の主人ヴィクトルは、家の中で暴君のように振る舞い、家事や育児で働きづめの妻イダに対して不平不満ばかり。そんなヴィクトルの態度を見かねた手伝いのマッス婆さんは、イダを実家に帰らせることに。妻のいない家に戻ったヴィクトルは…。母国デンマークで撮ったユーモアとリアリズムが融合したホームドラマ。フランスなど世界で大ヒットとなった。

 

 

 

『裁かるゝジャンヌ』 La Passion de Jeanne d’Arc 

1928年/フランス/97分
監督・脚本・編集:カール・テオドア・ドライヤー/歴史考証:ピエール・シャンピオン
撮影:ルドルフ・マテ

出演:ルネ・ファルコネッティ、アントナン・アルトー

 

ジャンヌ・ダルクは百年戦争で祖国の地を解放に導くが、敵国で異端審問を受け司教からひどい尋問を受ける。自ら火刑に処される道を選び処刑台へと向かっていくジャンヌの姿を捉えた、無声映画の金字塔的作品。[本特集では2015年にゴーモン社によってデジタル修復された本編素材を使用。伴奏音楽はオルガン奏者のカロル・モサコフスキの作曲で、リヨン国立管弦楽団のコンサートホールのオルガンを用いて演奏・録音された。]

 

 

 

吸血鬼 Vampyr 

1931年/フランス=ドイツ/74分
監督:カール・テオドア・ドライヤー/脚本:カール・テオドア・ドライヤー、クリステン・ユル
撮影:ルドルフ・マテ/音楽:ヴォルフガング・ツェラー

出演:ジュリアン・ウェスト(ニコラ・ドゥ・グンツブルグ)、モーリス・シュッツ

 

悪魔や吸血鬼の研究に没頭する青年アラン・グレイ。パリ郊外の村を訪れた彼は、奇妙な老人から託された小包に導かれるように、とある古城にたどり着く。そこで老人が殺されるのを目撃し…。そぎ落とされた台詞、数々の撮影トリック、そして緻密に重ねられた音響が、緊張感のある恐怖を作り出す。これは幻なのか、現実なのか。映画史上屈指の美しい悪夢体験を。

 

 

 

怒りの日 Vredens dag 

1943年/デンマーク/97分
監督・脚本:カール・テオドア・ドライヤー/原作:ハンス・ヴィアス=イェンセン
撮影:カール・アンダソン/音楽:ポール・シアベック

出演:リスベト・モーヴィン、トーキル・ローセ

 

中世ノルウェーの村で牧師アプサロンと若き後妻アンネの夫婦は平穏に暮らしていた。しかし、前妻との一人息子マーチンが帰郷するとアンネと親密な関係に。そんな折アプサロンが急死し、アンネが魔女として死に至らしめたと告発を受けてしまう…。陰影を巧みに使ったモノクロームの映像美で、魔女狩りが横行する時代の複雑に絡み合う関係性を映した衝撃作。
*1974年ヴェネチア国際映画祭 審査員特別表彰

 

 

 

奇跡 Ordet 

1954年/デンマーク/126分
監督・脚本:カール・テオドア・ドライヤー/原作:カイ・ムンク「御言葉」
撮影:ヘニング・ベンツセン/舞台美術:エーリック・オース

出演:ヘンリック・マルベア、ビアギッテ・フェザースピル

 

ユトランド半島に農場を営むボーオン一家が暮らしていた。長男の妻で妊婦であるインガーはお産が上手くいかず帰らぬ人に。家族が悲嘆に暮れる中、自らをキリストだと信じ精神的に不安定な次男ヨハンネスが失踪、しかし突如正気を取り戻しインガーの葬儀に現れる。カイ・ムンクの戯曲「御言葉」を原作に、演劇的目線で家族の葛藤と信仰の真髄を問う傑作。
*1955年ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞
*1956年ゴールデングローブ賞 最優秀外国語映画賞

 

 

 

ゲアトルーズ Gertrud

1964年/デンマーク/118分
監督・脚本:カール・テオドア・ドライヤー/原作:ヤルマール・セーデルベルイ
舞台美術:カイ・ラーシュ/衣装:ベーリット・ニュキェア

出演:ニーナ・ペンス・ローゼ、ベント・ローテ

 

弁護士の妻であるゲアトルーズは夫との結婚生活に不満を抱き、若き作曲家エアランとも恋愛関係にある。ある日、彼女の元恋人であり著名な詩人ガブリエルが帰国し祝賀会が催され、ゲアトルーズはエアランの伴奏で歌唱するが卒倒してしまう。愛を探し求め続けたゲアトルーズの姿を完璧な様式美の画面におさめ会話劇に徹したドライヤー遺作にして集大成的作品。
*1965年ヴェネチア国際映画祭 国際映画批評家連盟賞

 

 

2024年7月20日

7/27(土)「夏休みの映画館2024」子どもアート講師Sachi先生のパラパラアニメワークショップ ※7/20【引き続きご予約受付中】

「夏休みの映画館2024」
子どもアート講師Sachi先生のパラパラアニメワークショップ 開催のご案内

 

★開催日時
7/27(土)13:30の回「山村浩二作品集」上映後

 

★内容
映画を観て、みんなで作ったパラパラアニメで「しりとりアニメーション」を作ろう!完成したアニメは編集して後日Youtubeで公開します。映画の絵が動くしくみやアニメ制作を楽しく体験してみよう!

 

★対象 小学生
★定員10名
★所要時間:約30分

 

【7/27(土)タイムスケジュール】
13:30 全国の映画館を繋いでオンライントーク(約20分)
13:50 「山村浩二作品集」上映開始(約30分)
14:20 「山村浩二作品集」上映終了
休憩(約5分)
14:25 工作ワークショップ開始(約30分)
15:00 終了予定

 

★参加費
「山村浩二作品集」ご鑑賞料金※最下部に記載
当日「山村浩二作品集」をご鑑賞の方がご参加いただけます。
※ワークショップのみのご参加はいただけません。

 

★ご確認ください
後日、参加者のみなさまのワークショップの作品をシネマテークたかさきYouTubeチャンネルへアップいたします(一般公開)予めご了承くださいませ。

 

ご参加ご希望の方へ、事前ご予約を受け付けいたします。
【7/27(土)ワークショップ事前ご予約方法】
※定員に達しませんでしたので、引き続きご参加予約を受け付けいたします。
7/20(金)以降は先着順にて受け付けいたします。

《ご案内》
メールにてご予約を承ります。

ご予約受付期間:7月5日(金)午前10時より7月19日(金)午後5時まで。

※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

※ご予約受付期間中に定員に達しない場合は受付期間以降も引き続きご予約を承ります。
※ご予約いただきました方への諸連絡は順次メールにてお送りいたします。
※メール受信制限されている方はctqtakasaki@gmail.comを受信可能にしてください。

 

《ご予約方法》
メールの件名へ「7/27(土)ワークショップ申込」と記載いただき、
・お名前
・ワークショップご参加者の学年
・当日の連絡先
・映画ご鑑賞者様人数(保護者の方も含む)
を明記の上、ctqtakasaki@gmail.com へお送りください。

※ご兄弟・姉妹、ご友人ご一緒にご予約いただく場合は、ご参加希望者すべての方のお名前と学年、代表者さまの連絡先をご記入ください。
※当日映画をご鑑賞いただく方がご参加いただけます。映画鑑賞料金が必要です。
※映画ご鑑賞料金は当日劇場窓口にて承ります。オンラインでのチケットご予約は不要です。

 

【ご鑑賞料金】
こども(高校生以下)500円
一般1500円
シニア1100円
大学生1000円
会員1000円

 

★おやこ割★
高校生以下の子どもを含む2人以上での鑑賞の場合、当日一般料金1,000円

 

お問い合わせ:シネマテークたかさき TEL027-325-1744

Ad information