インフォメーション

2016-12-20 10:00:00

 

1月14日(土)より上映の『秋の理由』、初日舞台挨拶・朗読会がございます。

 

日時:1月14日(土)10時30分の回上映後

会場:シネマテークたかさき スクリーン1

ご登壇:福間健二監督

 

この回ご鑑賞の方が、そのままのお席でご参加いただけます。

劇場受付または電話(027―325―1744)にてご予約ください。

 

予約開始日時 

【会員】1月2日(月・祝)午前11時30分より

【一般】1月3日(日)午前11時30分より

 

定員(58席)に達し次第ご予約終了いたします。

 

秋の理由.png


2016-12-10 18:44:00

 

12月17日(土)より『エヴォリューション』上映に併せ、同監督の短編作品『ネクター』を上映いたします。

 『ネクター』はルシール・アザリロヴィック監督によって2014年に制作された「蜂」をモチーフにした18分の短編映画で、森の中に暮らす女王蜂とメイド蜂たちが織り成す密やかな儀式を艶かしく幻想的なタッチで描いた異色作です。

 

詳しくはこちら

 

 

【日時】12月17日(土)~12月23日(金)20:00

『エヴォリューション』併映(1日1回上映)

 

上映スケジュールにてお知らせしている終了時間が変わります。

【変更前】21:29  【変更後】21:47 


2016-11-29 12:10:00

シネマテークたかさきでは、12月2日(金)より、

2017年度メンバーズ会員を募集いたします。

劇場受付にて、お申込みいただいたその日から即日ご利用いただけます。

年間10作品以上ご覧になる方から毎月の情報を入れておきたい方まで、映画をお得にお楽しみいただける会員制度です。

 

「今夜見る映画を自分で選び、何度も観るあなたなら、シネマテークの味方です。今すぐ会員に!」

 

※1968年、シネマテーク・フランセーズの創設者であるアンリ・ラングロワがシネマテークを解雇された事件をきっかけに、シネマテーク擁護委員会を作り、ヌーヴェルヴァーグの映画監督たちが抗議運動を起こした。その際、フランソワ・トリュフォーとジャン=リュック・ゴダールが、シネマテークの重要性を訴えた声明より。

 

 

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 


2016-11-27 14:10:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シネマテークたかさきの”父”故・茂木正男が上映したかった監督たちの映画を特集上映するBOM(ベスト・オブ・モギマサオ)シリーズの季節がやって参りました。

9回目を迎える本年は、スペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督の新作『ジュリエッタ』を軸に、新旧織り交ぜながら、プロデュース作品(※)も含めながら特集上映いたします。

 

特集期間:2016年12月3日(土)より12月16日(金)

【上映作品】※()内は上映期間

『トーク・トゥー・ハー』(12/3~9)

『ボルベール〈帰郷〉』(12/3~9)

『ジュリエッタ』(12/3~16)

『エル・クラン』(12/3~16)※ペドロ・アルモドバル プロデュース作品

 

☆旧作2作品(『トーク・トゥー・ハー』、『ボルベール〈帰郷〉』)に限り、特別料金1000円均一、賛助会員様、メンバーズ会員様は無料ご招待いたします。

詳しくはコチラ

 

☆また、新作『ジュリエッタ』は、情熱の”赤”割引を実施いたします。

詳しくはコチラ

 

~この冬、シネマテークたかさきは、みなさまを情熱の色彩を巧みに操るアルモドバル監督の世界へ誘います~


2016-11-24 10:00:00

 

12月10日(土)より上映の『華麗なるリベンジ』ご鑑賞の方へ〈生写真〉をプレゼントいたします。

 

■1週目 (12/10~)

ファン・ジョンミン&カン・ドンウォン  終了しました

             

■2週目 (12/17~)

カン・ドンウォン  終了しました

       

※各週1種類

※ともに数量限定、なくなり次第終了

 

華麗なるリベンジ.png


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...