インフォメーション

2012-06-30 12:30:00

ググっとぐんま観光キャンペーン「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー2012」 協力上映

 

 SLのD51,C61,電気機関車のデキが走る高崎で開催される、「機関車の街・高崎 まちなかスタンプラリー2012」の協力上映といたしまして、

鉄道名シーンに選ばれる不朽の名作『ひまわり』をはじめ、鉄道記録映画の傑作と名高いドキュメンタリー2作品を上映いたします。

 

 

●開催期間:2012年7月1日(日)から9月30日(日)まで

 

●上映作品:

☆『ひまわり』(1970年、イタリア映画、監督:ビットリオ・デ・シーカ)

上映期間:7/14(土)より7月20日(金)

主人公夫婦が駅で再会する名シーンは「駅」という場所が存在しなければこの映画も存在しえなかったであろう重要な場所。走りゆく客車に飛び乗るシーンなど鉄道ファン、映画ファンが選ぶ「鉄道名シーン」に選ばれた作品

 

☆『ある機関助士』(1963年、日本映画、監督:土本典昭)

上映期間:8/11(土)より8/17(金)

1962年国鉄が鉄道の安全性をPRするために企画したドキュメンタリー映画。労働者の実像なくして国鉄は語れないと土本監督自ら、釜たきを体験してシナリオを書き上げた。機関士と助士の仕事を通して当時の日本が見えてくる。文部大臣賞、キネマ旬報ベストテン第1位等々、数々の映画賞を受賞した作品。

 

☆『すばらしい蒸気機関車』(1970年、日本映画、監督:高林陽一)

上映期間:9月15日(土)より9月21日(金)

1970年の公開の5年後には、全国から姿を消してしまった蒸気機関車。そのすべてをフィルムに収めた鉄道ファン待望のドキュメンタリー映画。ファンにととまらず、蒸気機関車が走る風景に誰もが日本人の心の風景を見出すことであろう。蒸気機関車を主役にした「ドラマ」でもある。

 

●料  金:前売:1000円/当日一般1200円、シニア・高校生以下1000円

 

 

●スタンプラリーご参加について

対象作品の前売券ご購入または、対象作品ご鑑賞にてスタンプ押印いたします。

※台紙への押印は、同一店舗にて1スタンプのみとなります。

 

「機関車の街 高崎 まちなかスタンプラリー2012」につきましてはこちらをご覧ください。

http://www.takasaki-kankoukyoukai.or.jp/kikansya/