インフォメーション

2011-09-26 14:45:00

10月11日(火)に子どもと一緒に映画DAYを開催いたします。

 

『ちいさな哲学者たち』子どもと一緒に映画鑑賞DAY

子育て中のお父様、お母様がお子さまと一緒に映画をお楽しみいただく上映です。

お子さまが泣き出したり、おしゃべりしても周囲に気兼ねなくお楽しみください。

 

日時:2011年10月11日(火) 午前10時30分の回

料金:通常料金

 

※3歳未満のお子さまは無料です。

※日本語字幕版での上映です

※団体割引をご用意しております。お気軽にお問合せください。

※定員58名

 

2011-09-16 20:12:00

作家・絲山秋子さんを中心とした「片品村で映画『ばかもの』を上映する会」は、 「ばかもの」の上映会を実施します。

絲山さんは東日本大震災後、様々な形で、片品村に避難して来た方々の支援を行ってきました。

今回は、避難している方をはじめ、それを支えてきた片品村の皆さんへの 感謝と敬意を

何かの形にできないかと考え、映画上映を実施することになりました。

 

シネマテークたかさきメンバーズ会員、賛助会員限定で、この上映会に無料でご参加いただけます。

当日、会員手帳または賛助会員証をご持参の上、会場へお越しください。

 

なお、上映前には、絲山秋子さんとエフエム群馬・市川アナウンサーによるトークショーを行い、

その模様の一部は後日、エフエム群馬Vitamin cafeでオンエアします。

会員の皆様のご参加をお待ちしております。

 

映画「ばかもの」上映会

●日時:2011年9月23日(金・祝) 18:00~21:00(17:30開場)

●場所:片品村文化センター(800人収容)

       利根郡片品村大字鎌田3982 電話0278-58-4577

 

●映画「ばかもの」原作:絲山秋子 監督:金子修介 主演:成宮寛貴/内田有紀

 

 

 

 

2011-09-16 14:16:00

いつもシネマテークたかさきにご支援ご協力いただきまして誠にありがとうございます

 

9月20日(火)は、館内メンテナンスのため、全日休館とさせていただきます。

 

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。


2011-09-08 22:30:00

 9月24日(土)より、「山本政志☆インディーズ宣言」と題し、山本政志監督特集を行います。撮りたい映画を撮るために、インディーズ宣言をし続ける山本監督の4作品を上映いたします。監督は高崎とゆかりも深く、『ロビンソンの庭』で第2回高崎映画祭(1988年)若手監督グランプリ受賞。『てなもんやコネクション』で第5回高崎映画祭特別賞受賞という経緯もあります。そして、『闇のカーニバル』にはシネマテークたかさきの総支配人・茂木も出演しているのです!

特集初日の24日(土)には、山本政志監督、俳優の村上淳さんを迎え、舞台挨拶を行います。ぜひご参加ください!

  

★『スリーポイント』山本政志監督舞台挨拶

日時:2011年9月24日(土)17時30分の回上映後

 

 

★『スリーポイント』村上淳さん(俳優)舞台挨拶

日時:2011年9月24日(土)15時の回上映前

 

※山本監督と村上さんのご登壇はご一緒ではありません

時間が異なりますのでご注意ください

 

 【料金】

一般1,500円/学生1,200円/会員・シニア・高校生1,000円

 

【ご入場方法】

会員先行9月17日(土)より

一般予約9月19日(月・祝)より

劇場受付または電話(027-325-1744)にて、ご予約を承ります。

定員(58名様)に達し次第、受付終了いたします。

 

 

皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

     

 

村上 淳(むらかみ じゅん)/俳優 

 93年、『ぷるぷる 天使的休日』(橋本以蔵監督)で映画デビュー。

 『バウンスko GALS』(97/原田眞人監督)で一躍注目を集める。

『ナビィの恋』(99/中江裕司監督)、『新・仁義なき戦い。』(00/阪本順治監督)

両作での演技が高く評価され、ヨコハマ映画祭助演男優賞を受賞。

 今後も『生きているものはいないのか』(石井岳龍監督)、『莫逆家族』(熊切和嘉監督)、『TheDepths』(濱口竜介監督)などの公開が控える。

 9/8より赤坂REDシアターにて、舞台『引き際』作・演出 天願大介に出演する。 www.metro2008.jp

 

 

  

 

   

山本 政志(やまもと まさし)/ 監督

 「闇のカーニバル」('83)が、ベルリン・カンヌ映画祭で連続上映され、ジム・ジャームッシュらニ

ューヨークのインディペンデント監督から絶大な支持を集める。

また、JAGATARA(じゃがたら)のファーストアルバム「南蛮渡来」や日比谷野外音楽堂での「アースビート伝説'85」を始めとする多数の音楽イベントをプロデュース、江戸アケミや町田康(町田町蔵)など当時のパンクロッカー達を俳優として起用するなど、ジャンルを超えた独創的な活動で注目される。

「ロビンソンの庭」('87)-ベルリン映画祭Zitty賞/ロカルノ映画祭審査員特別賞/日本映画監督協会新人賞-では、ジム・ジャームッシュ監督の撮影監督トム・ディッチロを起用、香港との合作「てなもんやコネクション」('90)では専用上映館を建設、「ジャンクフード」('97)を全米10都市で自主公開、「リムジンドライブ」('01)では単身渡米し、全アメリカスタッフによるニューヨーク・ロケを敢行するなど、国境を越えた意欲的な活動と爆発的なパワーで、常に新しい挑戦を続けている。

 

 

 






2011-09-08 14:00:00

群馬県富岡市にある㈱IHIエアロスペース 宇宙技術部 宇宙利用技術室 小出昭雄(こいであきお)さんの講演会を開催いたします。「はやぶさ」カプセル開発にかかわられた、技術者の方のお話をお聞き出来るまとない機会です。是非ご参加ください。

 

講演会タイトル:「はやぶさ地球へ帰る」

【日時】

2010年9月15日(木)19:00~の『はやぶさHAYABUSA BACK TO THE EARTH』上映終了後、おおむね20:00~
【料金】
一律500円(『はやぶさ』鑑賞料金を含む)
※本特集にて、『はやぶさ』をご覧の方は半券提示でご入場いただけます。
【内容】
2010年6月13日、小惑星探査機「はやぶさ」は約60億kmの宇宙の旅から戻り、最後は流れ星のように燃え尽きて一生を終えたが、カプセルは無事地球に帰還した。はやぶさの軌跡をたどります。
【講師】
㈱IHIエアロスペース 宇宙技術部 宇宙利用技術室 
小出昭雄(こいであきお)さん 
プロフィール
1900年日産自動車㈱に入社。宇宙航空事業部に配属となり、1994年まで宇宙ステーション補給部曝露区の熱設計に従事。1991年より、惑星探査機の熱設計に従事。2000年、石川島播磨重工㈱に営業譲渡により移籍。現在、群馬県富岡市の ㈱IHIエアロスペースに在籍。
はやぶさの再突入カプセル開発当初から熱担当として、設計に携わっていたメンバーで、オーストラリアでの回収作業にについても日本から支援を行った。


【参加方法】
ただいま劇場窓口またはお電話にて予約受付中です。(電話027-325-1744)


1 2